excitemusic

ピアノ講師で頑張る日々の記録
by hcq534ggdn
ICELANDia
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)

 弁護士資格がないのに知人らから過払金返還請求を請け負って本人訴訟を起こしたなどとして、大阪地検特捜部は20日、弁護士法違反(非弁活動)の疑いで、元簡易裁判所職員で旅行代理業の男(43)=大阪府富田林市=の取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。男は簡裁時代に訴訟事務にかかわっていたという。

 関係者によると、男は平成19〜20年、多重債務を抱える複数の知人から依頼を受け、報酬目的で消費者金融を相手に過払金返還を求める本人訴訟を起こした疑いが持たれている。

 男は知人に対する債権があると偽って公正証書を作成したり、消費者金融から過払金を受け取る権利があると称して請求権を裁判所に差し押さえさせたりするなど、法律知識を悪用。本人訴訟ができると装ったが、実態は代理人としての活動だったとされる。

 男は訴訟を約10件起こしたが、消費者金融に提出した請求書などの書類が異なる知人のものなのに書式や返送先が同じだったり、連絡先として記載された携帯電話が男の名義だったりと、不自然な点が多数あったという。

【関連記事】
別の依頼者からも懲戒請求 大阪司法書士会幹部が陳謝 アヴァンス非弁問題 
多重債務過払い金、事務員が交渉か 司法書士事務所を告発
「光脱毛」で重いやけど 医師法違反容疑で書類送検
不足授業数500時間! 無資格講師が授業
「ネット署名」社会に届け 時間や場所に縛られず
中国が優等生路線に?

普天間移設、首相「5月末決着」断念表明(読売新聞)
八街放火殺人 犯人、現場に数時間とどまり食事の形跡(毎日新聞)
<口蹄疫>殺処分埋設に16ヘクタール必要…農水省(毎日新聞)
点滴異物注入、懲役15年求刑=弁護人は執行猶予求める―京都地裁(時事通信)
箱根駅伝の難所、京急・蒲田踏切上り線高架化(読売新聞)
[PR]
by hcq534ggdn | 2010-05-21 11:42
<< <鉄道事故>踏切に男性侵入、は... 抗がん剤ベルケイドを共同販促へ... >>